手持ちのサービスシーンを地道に紹介するブログ

    古いorマイナーなのでググッても見つけ難いアニメの、サービスシーンや各種データ等を地道に紹介。不定期 更新。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    『勇者王ガオガイガーFINAL』サービスシーン7【画像あり】

    ↓以下4枚は7話 限定の特殊エンディングです。ヒロインの乳首(があるハズの部分)やアソコの露出が『原則として(絶対にではないが、一部の例外を除いて)』禁止されている作品で、規制 逃れの抜け道として多用される謎ルール。
     この『通常はダメだけど、精神体のイメージ映像なら例外的に堂々と胸やアソコを丸出しにしてもOK』というのは、一体いつ どの作品から始まったのかが気になります。
    勇者王ガオガイガーFINALの7話エンディング ルネ・カーディフ・獅子王の胸裸ヌードおっぱい64
    ルネ・カーディフ・獅子王 (CV: かかずゆみ)



    勇者王ガオガイガーFINALの7話エンディング ルネ・カーディフ・獅子王の胸裸ヌードおっぱい65

    勇者王ガオガイガーFINALの7話エンディング ルネ・カーディフ・獅子王の胸裸ヌードおっぱい66

    勇者王ガオガイガーFINALの7話エンディング ルネ・カーディフ・獅子王の全裸ヌード67



    ↓以下2枚も7話。
    勇者王ガオガイガーFINAL ルネ・カーディフ・獅子王の胸裸ヌードおっぱい68

    勇者王ガオガイガーFINAL ルネ・カーディフ・獅子王の胸裸ヌードおっぱい69



    ※以下3枚は7話 終了時の次回予告から。次回(最終話)の本編中にも同様の映像がありますが、予告中の映像は『真ん中が暗くて周囲が明るい』のに対して、本編中の映像は『真ん中が明るくて周囲が暗い』という違いがあります。
     周囲が暗い本編映像だと、画面端に配置された女性キャラの裸体が暗過ぎて見え難いので、端まで ちゃんと見える予告映像の方から撮っています。


    ↓上部 中央が初野あやめ。左端が狐森レイコ。
    勇者王ガオガイガーFINAL 初野あやめと狐森レイコの全裸ヌードおっぱい70
    初野あやめ [はつの・~] (CV: ならはしみき)
    狐森レイコ [こもり・~] (CV: ならはしみき)


    ↓中央が天海愛。右端上が磯貝桜。
    勇者王ガオガイガーFINAL 天海愛と磯貝桜の全裸ヌードおっぱい71
    天海 愛 [あまみ・あい] (CV: 紗ゆり)
    磯貝 桜 [いそがい・さくら] (CV: 吉田小南美)


    ↓中央が初野 華。右端下が平田昭子。
    勇者王ガオガイガーFINAL 初野華と平田昭子の胸裸ヌード72
    初野 華 [はつの・はな] (CV: 吉田小南美)
    平田昭子 [ひらた・あきこ] (CV: 井上美紀)


     『勇者王ガオガイガーFINAL』サービスシーン8に続く。

    スポンサーサイト

    | 勇者王ガオガイガー | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    >この『通常はダメだけど、精神体のイメージ映像なら例外的に堂々と胸やアソコを丸出しにしてもOK』というのは、一体いつ どの作品から始まったのかが気になります。

    パッと思いついたのが、イデオン劇場版(1982)なのですが、もうちょっと前へ遡れるかもしれません。

    | no name | 2018/08/12 22:35 | URL |

    森雪 専用スカートめくりロボ

    >no nameさん

     イデオン劇場版は昔(DVD化されて)1回見ただけなので ほとんど覚えてないんです
    が、ラストの方で男女問わず主要人物達が全裸の精神体になって宇宙の彼方に飛んで
    行く感じでしたっけ?

     そのシーンをキャプろうか どうしようか悩んで、結局『見づらくて あまり嬉しく
    ない』という理由で撮らなかったのは覚えてます。半透明っぽくて胸のラインがよく
    見えなかったり、下半身が消えかかってたり したような気がします。

     1980年代だと性的描写の規制 自体は ほぼ皆無だったので、エロ系の規制が入るのは
    一般層を集客したい劇場版と、純粋な少女向け作品と、監督が『オサレ系』でエロを
    毛嫌いしている場合と、人気マンガ原作の作品で『PTAから叩かれるのが嫌だから』
    とか『家族で楽しんで欲しい』等の理由で原作者がエロ禁止を強く要望した場合ぐらい
    でした。

     なので、劇場版というのは良い線を行っているかも知れませんね。OVAの場合はエロ
    が無いと売上が大幅に落ちる(1980年代 当時はエロの有無で露骨に売り上げが違った)
    ので、スポンサーから美少女のエロシーンを入れるよう強要されて、エロ嫌いの監督が
    渋々妥協して『精神体のヌード(感動シーン or オサレシーン)』描写を入れる事が
    よくあったようです。
     『本当は あんなシーン(美少女キャラのヌード)入れたくなかった』とか、アニメ
    雑誌で公然と愚痴るサブカル崩れのクソみたいなアニメ監督が結構いましたからね。


     イデオンのTV版(数話しか見た事ない)にサービスシーンがどの程度あったか知ら
    ないんですが、もしあれば当時のTV版なら余裕で全裸でChi首もアソコも丸出しで堂々
    と見せられたハズなので(ゴールデン枠でさえ)、劇場版の物凄く控え目なヌード描写
    は恐らく一般層を少しでも取り込みたいスポンサー側の意向による規制でしょう。

     『精神体のヌード描写だけ堂々と見せていて、他のシーンではガッチリと身体を隠し
    ているかヌード描写 自体が全く無い』という条件に合う作品って、意外と思い浮かび
    ません。
     その作品のサービスシーンを根こそぎ把握していないと、『精神体ヌードだけがOK』
    なのか どうか断言 出来ない所が難易度が高い。


     劇場版で思い浮かぶのは、1978年8月5日公開『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』
    でしょうか。TV版1作目は『中学生以上のアニメ好き男性』をターゲットにした企画なの
    で、森雪のPanチラや全裸などの露骨なサービスシーンが連打されてましたが、社会現象
    となった劇場版ヤマト1作目 以降は家族向けを意識してか、劇場版 完結編の森雪のヌー
    ドまで、シリーズ中の女性キャラのヌード描写はテレサだけになるんですよね。

     テレサは正確には精神体ではなく反物質の身体ですが、『イメージ映像としての全裸』
    という点では同種の描写と考えて良いでしょう。

    | 微エロ師範 | 2018/08/27 00:04 | URL |














    ※FC2 BLOG が HTTPS に対応するまで、暫定的にパスワード欄をテキストボックスにしています。

    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://masterbiero.blog.fc2.com/tb.php/805-cf79e07a

    TRACKBACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。