手持ちのサービスシーンを地道に紹介するブログ

    古いorマイナーなのでググッても見つけ難いアニメの、サービスシーンや各種データ等を地道に紹介。不定期 更新。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    『烈火の炎』サービスシーン4【画像あり】

    ※この記事中の画像は(参考画像を除き)全て11話。


    ↓伝説の全裸電撃責めシーン。声優さんの泣き叫び方が異様に上手いので、音声付き動画だとヤバいぐらいエロいです。実際には服を着たまま電撃されていて、この映像は烈火の想像です。
     ただ、女を いたぶって その悲鳴に欲情する、見るからにド変態 丸出しの敵から激しく煽られながら恋人の泣き叫ぶ声を聞かされたら、そりゃ誰でも こう想像しますよね。烈火君は何も悪くないです。
    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーン乳首32
    佐古下柳 [さこした・やなぎ] (CV: 増田ゆき): 16歳(高1)。


    ↓参考画像。柳の拷問シーンは見づらくて状況が把握し難いですが、要するに こういう状態です。昭和育ちのドS男達が大好きなSM調教(または拷問)の1つで、通称『電気椅子』。ちなみに この娘は『euphoria』[ユーフォリア]というエロゲーのヒロインで、帆刈 叶[ほかり・かなえ]という名前。
    euphoria(ユーフォリア) 帆刈叶の全裸電気椅子シーン1


    ↓身体がよく見えるように、なるべく電撃エフェクトが少ないコマを選んでますが、実際には画面中に走る青白い電撃で身体の広範囲が隠されてるコマや、画面全体が激しく明滅して真っ白で何も見えないコマが多いので、こんなに見易くは ありません。見る順番は左→右→左下→右…です。
    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーンまとめ乳首29

    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーンまとめ乳首30


    ↓上の まとめ画像の中で、顔が見えてる画像は単品でも載せておきます。
    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーン乳首31

    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーン乳首33

    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーン乳首34

    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーン乳首35

    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーン乳首36


    ↓ついでに、顔が見えてる画像と見えてない画像を、順不同で4枚 組み合わせた『お手軽セット』を3組。お好きな物を どうぞ。
    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーンセット乳首37

    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーンセット乳首38

    烈火の炎11話 佐古下柳の全裸電流責めシーンセット乳首39


     『烈火の炎』サービスシーン5に続く。


    ※電気椅子(SM): 昭和世代は整形外科とかで『電気治療』というのを経験した事があるかも知れません(現在はレーザー治療になってる)。筋肉や関節の痛みを和らげる為に、患部にパルス電流を流す治療法です。患部(電流を流したい場所)を挟むように平べったい電極を2つ素肌に貼り付けて、1回に20分ぐらい電流を流します。

     家庭用の物は『低周波 治療器』と呼ばれ、現在でも沢山 売られています。昔は『電気 治療器』と呼ばれていました。電流の強さメモリが10段階(1が最弱)の場合、5で痛みを感じ始め、6だと痛くて我慢 出来ないレベル。

     10だと一瞬(0.1秒程度)喰らっただけで、大人の男性が悲鳴を上げて1分ぐらい のたうち回って、更に数分は悶え苦しんで勝手に大量の涙が溢れるレベルです。一昔前にはバラエティ番組の罰ゲームでよく使われていましたね(芸人が涙目で悶絶してたら、10段階だと7ぐらいの威力)。

     10段階の物だと7段階 以上は明らかに治療には必要無いんですが、何故それが あるかというと、『SM道具(拷問道具)』として買っている人が多いからです(電流の強さの上限を低くすると苦情が来る)。昔の物は10段階だと、大人の女性を短時間で発狂させられるぐらい、普通に凶悪な『拷問』道具でした。

     男性は身体的 苦痛に鈍感な上に、脳内麻薬で短時間で痛覚を麻痺させるのが得意なので、この程度では拷問には使えません。苦痛に耐性がある男性なら充分 耐えられます。
     最近の物は昔の物に比べて電流の強さの上限が かなり低めに抑えられてるそうですが、安物だと まだ割と凶悪な物も残ってます。

     勿論、一瞬でも『拷問』レベルで電流を流せば女の子は半狂乱で激しく泣き叫び、のたうち回って全力で暴れるので、身体を固定する必要があります。
     なので椅子を床にガッチリ固定し、その椅子に全裸の女の子を座らせて両手両足を縛り付け、『電気 治療器』で身体の あちこち(特に乳房、性器、尻)に最強レベルで電流を流し続けます。これが通称『電気椅子』です。

     何分間も連続で最強電流を流し続け、それを何度も繰り返すと本当に発狂して廃人になりかねないので、大体10秒間 流して10秒間 休憩、また10秒間 流して…という感じで延々と繰り返します。

     椅子が固定 出来ない場合は、女の子を全裸でベッドに仰向けに寝かせ、大の字にさせて両手首と両足首をベッドに縛り付けて電流を流します。こちらは『電気ベッド』とは呼ばず、単に『ベッドで電流責め』と言います。

     『電流責め』は『電気 治療器』等を使って、身体に電流を流して苦痛を与えるSM調教(または拷問)の総称です。『烈火の炎』の柳の電流責めは、あの暴れ方と泣き叫び方なら明らかに最強レベルですね(烈火の想像だけど)。


    スポンサーサイト

    | 烈火の炎 | 00:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    お疲れ様です。原作者がアニメ製作サイドに頼み込んでセル画を頂戴した伝説のシーンですね。
    ありがたやありがたや。

    | | 2015/12/29 08:12 | URL |

     原作の安西信行 先生は、読者サービスとかじゃなくて『エロが好きだから』
    ヒロインを脱がせてる人ですからねw 完成したアニメの柳 拷問シーンを見た
    時は さぞ喜んだ事でしょう。

     映像ではワザと見づらいように されてるけど、セル画では見づらくする加工
    も邪魔なエフェクトも無しでバッチリ鮮明な柳の全裸が見られるワケで、作者
    特権の有効な活用法ですね。

     拷問シーンの全裸 柳の彩色原画 全ポーズを、大判の原画集で1ポーズ1ページ
    でフルカラーで載せて発売してくれたら、6000円ぐらいなら電光石火で買った
    のになぁ。
     烈火の炎といいメルヘヴンといい、安西先生 原作のアニメはムックや原画集
    の類に縁が無くて残念でした。解説本とかは あったけど。

    | 微エロ師範 | 2015/12/30 04:47 | URL |

    烈火の炎って日曜日の夕方やってた記憶あるけど(小学生だったから曖昧だけど)
    こんなのお茶の間に流して大丈夫だったのか・・・!?

    | タマキン=スカイウォーカー | 2016/07/05 00:57 | URL | ≫ EDIT

    消音なら余裕でセーフ

    >タマキンさん

     明滅や電撃エフェクトのせいで身体が隠れずに見えるコマは数える程しか
    無いし、見えているコマも非常に不鮮明なので( upした画像は画質を調整
    して本来より鮮明に見えるようにしています)映像的には大丈夫ですよ。

     『電気椅子(エロ拷問)』の知識が無い人間が動画で このシーンを見て
    も、どういう状況なのか よく分からないと思います。

     ただ、超エロい悲鳴が長く続くので『何かエロい拷問されてるっぽい』
    のは誰でも すぐ分かります。お茶の間が何となく気まずい感じにはなった
    でしょうねw

    | 微エロ師範 | 2016/07/07 00:49 | URL |














    ※FC2 BLOG が HTTPS に対応するまで、暫定的にパスワード欄をテキストボックスにしています。

    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://masterbiero.blog.fc2.com/tb.php/722-83e763c1

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT