手持ちのサービスシーンを地道に紹介するブログ

    古いorマイナーなのでググッても見つけ難いアニメの、サービスシーンや各種データ等を地道に紹介。不定期 更新。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    『ザ・サムライ』サービスシーン1【画像あり】

     『ザ・サムライ』は、1987年11月1日に発売されたOVA作品。全1話。日本では まだDVD化されて いませんが、北米では2003年4月22日にDVDが発売されています。ここの画像はVHS素材の物です。

    ※総監督・演出が『うる星やつら』後半の総監督の人なので、全編に渡ってノリや演出が完全に『うる星やつら』後半そのものです。『うる星やつら』や『らんま1/2』のアニメを見た事があって この作品を知らない人に、『これも高橋留美子 作品だよ』と言ったら、全作品を記憶してる信者以外は誰1人として疑わないと思います。そのぐらい作風がソックリで、全く同じ演出も複数 見られます(原作は全く似てないので、完全にアニメ スタッフの影響)。

     ギャグのタイミングや演出のキレ、脚本が神がかっているので、『うる星』や『らんま』のドタバタ ギャグ要素が好きな人は間違い無く楽しめます。該当する人は、もし動画を見つけたら1度 見てみる事を お勧めしますよ。
     キャラデザ・作画監督もアニメ好きには超お馴染みの人なので、若い人でも違和感無く見られると思います。


    原作: 春日光広
    キャラデザ・作画監督: 後藤隆幸

    脚本: 三木孝祐
    音楽: 田中公平
    総監督・演出: やまざき かずお

    OP曲『 WINNER 』(歌: 沢向要士)
    ED曲『 HOLLY NIGHT ~そばにいてほしい~ 』(歌: 沢向要士)

    かげり 胸裸


    ↓転入生として自己紹介した途端に次々と男子達から交際を申し込まれ、突然 皆の目の前で全裸ストリップを始める かげり。そのまま教卓の上に乗り、『皆さんと お付き合い致しますから、(Hの)順番は そちらで お決めになって』と言って姉にゲンコツを食らう。
     かげり曰く、『(男女交際の)途中の面倒臭い所を端折[はしょ]っただけ』らしい。
    かげり 全裸
    土岐かげり [とき・~] (CV: 松井菜桜子): 土岐 姉妹の妹。自分から男を求める『淫乱』ではないが、身体を求められると拒まないタイプ。羞恥心は全く無いので、お色気 攻撃も大胆で躊躇が無い。姉妹 揃って『くのいち』であり、色仕掛けが得意な分、姉より『くのいち』に向いていると言える。
     おっとりした性格で、聞いていると全身が脱力するようなスローで間の抜けた喋り方をするが、『くのいち』なので身体能力は超人的。ただし、姉よりは鈍くさい様子。姉が やっているから手伝っているだけで、実は宝刀の奪回には全く興味が無い。


    血祭武士
    血祭武士 [ちまつり・たけし] (CV: 関俊彦): 主人公。現代社会で武士道を貫く時代錯誤な少年。幼少期からストイックな生活を送って来たせいで、女体アレルギー(女性の裸を見ると鼻血を吹いて気絶する)がある。女性アレルギーとは違い、普通に服を着ている女性なら全然 平気である。
     土岐 姉妹の父・影丸が、土岐一族の宝である宝刀を勝手に賭けて武士の父・雷造に挑戦し、負けたので宝刀を渡した。雷造は幼い武士に宝刀を与えた後に亡くなった為、武士は宝刀を父の形見として大切にしている。土岐 家と血祭 家は元々 家族ぐるみ の付き合いで、土岐 姉妹と武士は幼馴染み。姉妹の父母と武士は今でも仲が良い。


    ↓武士が女体アレルギーだと知り、真正面から全裸をモロに見せて攻撃する かげり。
    かげり 胸裸

    かげり 全裸


    ↓かげり の全裸ストリップや全裸モロ見せ攻撃をガン見して、鼻の下を伸ばす3馬鹿トリオ。真ん中が南藩都来、右のメガネが蒲原、左が上村。
    南藩都来、蒲原、上村

    南藩都来、蒲原、上村
    南藩都来 [なんばん・とらい] (CV: 井上和彦): 武士の親友で、3馬鹿の筆頭。美形で頭も運動神経も良くて金持ちだが、軽薄で スケベ(むっつり ではなく赤裸々なスケベ)という『残念イケメン』。近代兵器を駆使して、武士と共に何かと騒動を大きくする問題児。

    蒲原 [かまはら] (CV: 佐々木望): メガネ。
    上村 [うえむら] (CV: 桜井敏治)


    ↓都来に手を握られただけで、あかりは『手が腐るうぅぅっっ!!』と叫んで発狂。あかりに投げられた都来が壁にメリ込むのが、この作品の天丼ギャグの1つ。
    土岐あかり、南藩都来
    土岐あかり (CV: 坂本千夏): 土岐 姉妹の姉。気が強くて攻撃的であり、戦闘能力も非常に高いのだが、極度の男性 嫌悪症という欠点がある。この為、男に触られると発狂して暴走し、周囲の物を手当たり次第に破壊する(妹の かげり が殴って気絶させ、暴走を止める)。男性恐怖症とは違い、触られさえ しなければ男が相手でも全然 平気。
     武士の父に土岐一族の宝を強奪されたと思い込んでおり(実際は あかり達の父が自ら手渡した)、宝刀 奪回に執念を燃やしている。


    ↓教室に立てこもった銀行強盗にストリップさせられそうになる京子。
    京子 ブラチラ

    ↓あかり に手裏剣で攻撃される京子。
    綾杉京子

    ↓暴走する武士と都来を、巨大な丸太で殴って止める京子。
    綾杉京子
    綾杉京子 [あやすぎ・きょうこ] (CV: 小宮和枝): 武士達の担任 教師。問題児の扱いには慣れており、精神的にも肉体的にも非常にタフでパワフル。『くのいち』の土岐 姉妹でさえ 力で ねじ伏せて大人しくさせる事が出来る、この作品の最強キャラ。


    ↓女体アレルギーを克服する為だと言い、大量のエロ本を持って来て武士に見せる都来に対し、ジト目で『イヤラしい!』と非難する敦子。
    山口敦子
    山口敦子 [やまぐち・あつこ] (CV: 水谷優子): 武士のガールフレンド。ごく普通の女の子なので、武士との交際には何かと苦労が絶えない。同じく武士の扱いに苦労している京子とは意気投合しており、非常に仲が良い。


    ↓武士の女体アレルギー克服 特訓を手伝う為、レオタードに着替える最中の敦子と京子(同じ部屋の中には、武士と都来が2人に背を向けて座っている)。男達の前で裸になって乱交しようと している(?)自分の娘と女教師を目撃し、愕然とする敦子の母。
    敦子&京子 ブラ&パンツ

    ↓敦子の母が毎度タイミング悪く自分の娘の『ふしだらな行為』を目撃してしまい、その場に崩れ落ちて『信じて良いんだね…母さんは…お前を…』と呟くのが、この作品の天丼ギャグの1つ。
    敦子 ブラ&パンツ
    敦子の母 (CV: 矢野陽子)


    山口敦子

    敦子 パンチラ


    ↓宝刀 奪回に失敗し続ける あかりにイラ立ち、思わず顔面で肉薄する黒刀自。
    土岐あかり&黒刀自
    黒刀自 [くろとじ] (CV: 京田尚子): 土岐一族の総帥(くのいち)で、土岐 姉妹の父方の祖母。宝刀は亡き夫から貰った唯一のプレゼントであり、大切な形見である為、なりふり構わず取り戻そうとしている。


    血祭静
    血祭静 [ちまつり・しずか] (CV: 宗形智子): 武士の母。明治時代の初期にいても全く違和感が無い和風 美人。骨董品店を営んでいる。


    血祭あさぎ (CV: 富永みーな): 武士の姉。
    血祭彩子 [ちまつり・あやこ] (CV: 渡辺菜生子): 武士の妹。
    血祭雷造 [ちまつり・らいぞう] (CV: 和崎俊哉): 武士の父。

    土岐影丸 [とき・かげまる] (CV: 稲葉実): 土岐 姉妹の父。
    土岐茜 [とき・あかね] (CV: 恵比寿まさ子): 土岐 姉妹の母。
    男子生徒 (CV: 柏倉つとむ)
    男子生徒 (CV: 菅原淳一)
    女子生徒 (CV: 遠藤執子)
    おじいちゃん (CV: 春日光広) ※原作者 特別出演※


    ↓武士の女体アレルギー克服 特訓の為、都来が持って来たエロ本のピンナップの数々(武士の部屋の壁に貼られている)。
    エロ本のピンナップ

    エロ本のピンナップ

    エロ本のピンナップ

    エロ本のピンナップ

     『ザ・サムライ』サービスシーン2に続く。
    スポンサーサイト

    | アニメ(さ行) | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT














    ※FC2 BLOG が HTTPS に対応するまで、暫定的にパスワード欄をテキストボックスにしています。

    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://masterbiero.blog.fc2.com/tb.php/172-981731f5

    TRACKBACK