手持ちのサービスシーンを地道に紹介するブログ

    古いorマイナーなのでググッても見つけ難いアニメの、サービスシーンや各種データ等を地道に紹介。不定期 更新。

    2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    【雑談】新年の挨拶と近況報告2020【超長文】


     明けまして おめでとうございます。今年も よろしく お願いします。当ブログは開始から7年7ヶ月が経ちました。昨年中は私生活で色々とあり過ぎて完全に心が折れてしまい、正直ずっと失踪寸前の綱渡り状態だったのですが、まだ辛うじて踏みとどまっているのは時折 記事に『役に立ちました』とか『ありがとうございます』とか『いつも更新 楽しみにしています』とかコメントくれた人達や、拍手をくれた人達の おかげです。

     お客さんの反応が無いのに黙々と更新作業するなんて、拷問以外の何物でもないですからね(苦笑)。とはいえ、長年の常連さん達への返信でさえ数か月遅れになってる有様なので、色んな人を放置して嫌な思いをさせたかも知れません。申し訳ありませんが、当分は復活できそうにないので返信は超・気長にお待ち下さいとしか…。

     あと、スマホからコメント投稿すると ほぼ壊滅的に文字化けして管理人のPCでは全く読めないので、スマホ用ページからは直接投稿 出来ないようにしてるのですが、わざわざスマホでPC用ページを表示してコメントしてくれる人が結構います。お気持ちは大変ありがたいのですが、何が書いてあるか全く分からないので返信が出来ません。

     それでも良いという方 以外はスマホからのコメント投稿は回避 推奨です。時々スマホからでも問題なく投稿 出来ている人もいるので、そういう人には ちゃんと返信してますが(物凄く返信遅いけど)。完全に運次第ですね。
     多分スマホユーザーの大半が使う初期設定フォントをウチのブログが認識してないんだと思うんだけど、老人のヘボい パソコン スキルでは どうにもならんなぁ…(;´A`)



     2019年の新年 挨拶記事で『去年(2018年)は最悪な1年でした』って書いたんですが、2019年に比べたら2018年は かなり幸せな日々だったなぁと しみじみ思うほど、去年は悪夢のような1年でした。何かもう、居眠り運転中に道端の道祖神の石像でも車で破壊したんじゃないかと疑うレベルで呪われてました。

     まず年明けに いきなりインフルエンザで倒れました。職場で毎年インフルエンザの予防接種を受けてるのに、それとは別の型に感染しました。同時に2種類も流行ってんじゃねえよ(憤怒)。で、治ったらすぐノロウイルスに感染して感染性 胃腸炎で倒れました。

     その後またしても尿路結石の地獄の激痛に のたうち回って救急車で運ばれるし。睡眠不足で意識朦朧の状態で車を運転してたら、ガードレールにぶつけたり壁で側面ガリガリ削ったり大岩に激突したりで、買って1年しか経ってないピカピカの愛車が1ヶ月もしない間に全身傷だらけのボロボロのベコベコになり果てるし(慟哭)。

     運転する分には支障は無いので、傷の所を公式の塗料で塗りたくって そのまま乗ってます。近くで見ると見苦しいけど、遠くからなら分からへんやろ(投げやり)。


     更に私の母が心臓病で かなり危険な状態という事で緊急入院したんですが、手術前の検査で造影剤を使ったら、何と造影剤アレルギーだと発覚し、全身が腫れ上がって意識不明の重体になって生死の境を さまよいました。

     辛うじて命は取り留めたけど、身体中が腫れて身動きも出来ない状態がしばらく続いて、やっと治ったら すぐ手術をと言われ、4時間で終わる予定だった手術は10時間 以上の大手術に。手術室前で待たされるストレスもヤバかったけど(明らかに何かトラブってるし)、リアル世界で『今夜が峠です』って初めて聞いたわ。ストレスでゲロ吐きそうになったのも生まれて初めてでした。

     母は何とか生還したけど、長い寝たきり生活で筋力が激減して リハビリも必要になって、退院してからも頻繁に通院が必要で。もし麻痺とか残ったら車椅子 生活の可能性もあったし、これは今後を考えると家を介護仕様に大規模リフォームしておいた方が良さそうだな…と、色んなリフォーム業者の料金とか得意な施工内容とか調べまくってたら、わずかな自由時間が果てしなく消費されて行く。


     そんな中、豪雨で我が家が床上浸水して1階部分が壊滅。床や壁の修理代や大型家電の買い替え費用などは保険で全額出たけど、重要な書類とか大事なアルバムとか色々と失うと痛い物を かなりやられて精神的に大ダメージ。

     うんざりしながら娘達や娘婿達(こちらの家も床上浸水)と一緒に片付けして掃除して、1階の床板を全部 剥がして大量の小型 扇風機を買って来て床下を乾燥させていたら(床下換気扇も全滅した。浸水後の床下乾燥には最低でも1ヶ月は必要)、超強力な台風が直撃して2階の屋根に2ヶ所ほど大穴が開きました。

     台風の豪雨で2階部分も壊滅。私の寝室も書斎 兼 パソコン部屋も ずぶ濡れアンド暴風でメチャクチャ。お気に入りのマンガや画集などが大量に壊滅して、その被害額(時価)だけでも時価300万円 以上(保険が利かない)だけど、そもそも いくら金出しても再入手が不可能に近い物が多数あったのでガチ鬱でマジで死のうかと思った。


     2階から1階にも大量の雨水が流れ込んで、せっかく乾燥した床下が また水没。20台あった小型 扇風機も壊滅。ウチは賽の河原か何かですか? 台風が過ぎて とりあえず悪戦苦闘しながら男性陣で屋根にブルーシート張って、途方に暮れながら皆でノロノロ片付けてたら、更に台風が直撃して屋根が全部 無くなりました。あのさあ…。

     部屋の中の物が大量に飛ばされて無くなってるけど、何が無くなったのかすら分からない。何かもう何もかもどうでも良くなって、何もやる気が起きない状態に。とにかく寝たい。このまま寝てたら死ねないかな…とか、そんな事ばかり考えてました。


     いつまでも職場から徒歩1分のホテルに住んでダラダラして遅刻ギリギリで辛うじて出勤とかしてるのもアレなので、家の修理のついでに全面リフォームしようと思ったけど、地元周辺の複数の町が豪雨と台風で壊滅してるので、業者に頼んでも大工が なかなか来ない。たまに来てもチョロッと仕事したら すぐいなくなる。多分 同じ事をして色んな家を回ってるんでしょうね。
     大工は圧倒的に足りないけど工事契約は確保しておきたいから、少しずつ仕事して長期間 待たせるのを誤魔化してるパターン。


     そんな こんなで投げやりで自堕落な日々を過ごしていたら、何の自覚症状もないまま『血精液症』になりました。精液に血が混ざる病気で、知らなかったけど男なら割とよくある病気だそうです。
     しかし、ある日 突然、小便をしていたら直径5ミリぐらいのゼリー状の丸い血の塊(プニプニと弾力があり、水の中に落ちても なかなか溶けない)が8個ほど連続でドドドッと先端から噴き出すんです。事前に知らないと物凄い恐怖ですよ。背筋がゾワッとしましたからね(苦笑)。

     こ、これが噂の『赤玉』(精液が一生分 出尽くすと最後に赤い玉が出て来るという、大昔からある都市伝説)か!? と、男として絶望しながら泌尿器科を受診すると、胃カメラの尿道版みたいなのを突っ込まれて膀胱内を検査されました。

     塗る麻酔みたいなのを最初に塗るので普通なら痛みとかないハズなんですが、最悪な事に膀胱の出口にデカい良性腫瘍があり、それには麻酔が塗れないのにカメラが ぶつかりまくるので、凄まじい激痛で凶悪な拷問でした。もう無理。もう1度やるぐらいならチンコ切り落とす方がマシってぐらいの地獄。マジで正気を失うかと思ったわ。

     カメラ抜いた時に先端から血がボタボタ流れ落ち続けてしばらく止まらなかったのがドン引きでした。診察した医者に聞いても『ああ、大丈夫ですよw』みたいな軽い反応だったけど、あっという間に床にデカい血だまりが出来て絵的には地獄絵図やぞ。マジPTSD発症モンや。


     50代という年齢的に前立腺ガンや膀胱ガンが疑われましたが、とりあえずガンではなさそうとの事。ただ、いつ良性腫瘍が悪性腫瘍に変化するか分からないから、半年に1度は受診するようにと言われました。絶★対★無★理。
     ガン保険をガッツリ掛けておきました(諦め)。まあ、尿検査とかでガンの疑いが強まったら、諦めて尿道拷問を受けますけどね…(;´A`)


     結局、毛細血管の出血を止める薬を3日ほど飲んで、あとは自然治癒を待つだけでした。最初は小便の度に1~2個の血の塊が出て小便自体も薄い赤色で、精液は血が混ざってピンク色でしたが、3日ほどで血の塊が出なくなって小便も赤っぽさが消え、1週間もすると精液には茶褐色の超小さい血の塊(溜まっていた古い血液)が大量に混ざるようになり、その状態が2週間ほど続いて元に戻りました。

     20代や30代の人なら、基本的には『赤玉』が出ても1ヶ月ぐらい様子を見ていれば勝手に治るそうです。1ヶ月しても治らないようなら受診するぐらいで良いとの事。ただ、40代、50代だとガンの可能性もあるので、素直に受診した方が良いみたいです。
     多分、強烈なストレスが掛かり続けたせいで、精嚢[せいのう]内の毛細血管が切れまくったんでしょうね。かなり古い血の塊(茶褐色)が驚くほど大量に溜まってましたし。


     んで、ようやく大工の都合がついたのか、12月に入って一気に色んな工事の予定が入りました。仕事のスケジュールを調整しながらチョコチョコ家に戻っては工事に立ち会い、細かい要望を伝えたり工事日程の調整をしたりしました。全ての工事が終わって自宅に戻ったのが12月29日の夜でした。

     仕事が終わってから、夜中に山奥の別荘に移動させた荷物を取りに行って家に戻して、徹夜で とりあえず普段使う物だけでも使い易い位置に配置して、そのまま仕事に行って・・・というのを何日か続けてたら、いつの間にか元旦 終わってました…。初日の出どころか除夜の鐘すら聞いてねえ (;´д⊂)
     今年は元旦の朝が快晴だったから、尚更 損した気分です。元旦から超 寝不足で挨拶回りして、いつも通り危うく事故って死にそうになるし、冷え込みも超厳しいし(朝の気温はマイナス)、ホントにクソみたいな正月でした。


     そんな感じで、去年は『自分の趣味』の為に何かしたという記憶が ほとんどありません。2019年は体感時間で1ヶ月も無かった気がします。何かバタバタしてたら あっという間に終わってしまいました。



    ↓セイカの きせかえ『ときめきトゥナイト』より、蘭世と曜子の下着姿。
    ときめきトゥナイト セイカの着せ替え 江藤蘭世と神谷曜子のセミヌード下着姿ブラジャーとパンツ1
    江藤蘭世 [えとう・らんぜ] (CV: 原えりこ)
    神谷曜子 [かみや・ようこ] (CV: 冨永み~な)


    ↓時代を感じる表紙。上の画像が収録されているのが このバージョン。
    ときめきトゥナイト セイカの着せ替え表紙2



     昔の(株)セイカは小さい子供が見そうなアニメなら、手当たり次第に着せ替えと塗り絵を出しまくってました(着せ替えは女児向け作品が多いけど、塗り絵は男女 関係無し)。それも1作品で十数冊から数十冊。ある程度 中身は同じだけど、表紙が違って幾つか違う絵も入ってるバージョン違いが多数あり(大体4~6バージョンで、人気作品だと8~10バージョンぐらい)、どの絵が どの表紙のヤツに収録されているのか把握が難しいです。

     作品にも よりますが、80年代までの作品の着せ替えなら、大抵ヒロインの素体(着せ替えの土台になる絵)は下着姿1(ブラジャー&パンツ姿)、下着姿2(キャミソール&パンツ姿)、水着姿1(ビキニ)、水着姿2(ワンピース)またはレオタード姿、薄着の私服(Tシャツと短パンなど)のバージョン違いが存在します。

     作中にヒロインのヌード描写があるアニメの場合、小学生か中1ぐらいまでのヒロインならパンツ1枚姿でオッパイ丸出しの素体バージョンだけで更に3~4種類(ポーズや向きや表情違い)があります。中2以上ぐらいのヒロインだと、パンツ1枚姿で胸を手や髪の毛で隠している素体バージョンが3~4種類あります。

     作中にヒロインのパンチラがあるアニメの場合、セイカの塗り絵では高確率で該当ヒロインのパンチラ塗り絵が複数あります。表紙や裏表紙でフルカラーパンチラしている事も多いです。
     作中にヒロインのヌード描写(変身、着替え、入浴シーン等)があると、セイカの塗り絵では高確率で該当ヒロインの全裸またはパンツ1枚姿でオッパイ丸出しの塗り絵があります。


     作中で全く脱がないヒロイン達(出番 少な目のサブヒロインも含めて)でも、セイカの着せ替えでは確実に下着姿にされるので、昔は手当たり次第に買い集めていた事がありました。後々こんなブログをやると分かってたら残しておいたんですけどね。膨大な量で邪魔だったので、20年以上前にコレクターの人達に高値で売りさばいてしまいました。

     ネット黎明期で100KB以上の画像をupするのは(ページ読み込みが激遅になるから)マナー違反でメチャクチャ叩かれてた時代だったし、50円とか100円で買った物が1冊5000円~3万円ぐらいで数千冊 飛ぶように売れましたからねえ…(;´A`)

     最近ココの常連さんが話題に出してたので、そういえば そんなのもあったなぁと思って色々と画像を拾って回ったんですが、あまり手に入らなくて残念でした。『マジカルエミ』、『パステルユーミ』、『魔法の妖精ペルシャ』、『スイートミント』、『カードキャプターさくら(旧)』、『ファッションララ』、『リリカルレナ』、『赤ずきんチャチャ』、辺りは幾つか拾いましたが、個別に記事化したいので後回しにして、とりあえず『ときめきトゥナイト』だけ。

     『ときめきトゥナイト』はクッソ面白いし、Amazon prime video や dアニメストアでHD画質で見られるので、全部見てから いつか記事にしたかったんですが、取り上げる作品の優先順位的に もう無理そうなので、ここで紹介しておきます(無念)。



    ↓『ときめきトゥナイト』のエンディング。『全裸マント』と言えば黒井ミサか江藤蘭世かという程、蘭世を代表するイメージになってますが(アニメ公式が やたら全裸マントの際どいヌードイラストを描いた為)、元々サービスシーンに期待する作風では ありません。
     マントが動くにつれて肌の露出が上がると共に急速に画面が暗くなって行き、お尻の割れ目が見えた辺りで画面が ほぼ真っ暗で何も見えないに近い状態になります。HD画質でキャプって明るさを上げれば、ギリギリまで見られる画像になるのかな? そうであれば いつか画像を差し替えたいですが(多分 無理)。
    ときめきトゥナイト エンディング 江藤蘭世のヌード全裸マント姿ED1



     以下は更に どうでもいい雑談です。正月で死ぬほど暇な人は読んで下さい。

    ≫ 続きを読む

    スポンサーサイト



    | 雑談その他 | 02:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |