手持ちのサービスシーンを地道に紹介するブログ

    古いorマイナーなのでググッても見つけ難いアニメの、サービスシーンや各種データ等を地道に紹介。不定期 更新。

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    【解説】画像の加工方法について【実例】

     このブログで使用されているキャプチャ画像の ほとんどは、実は本来の画像(キャプチャした直後の状態)では ありません。綺麗に見えるように大幅に加工しています。この記事では、どういう加工をしているのか実例を挙げて解説して行くので、興味のある方は御覧下さい。


    ◆切り落とし & リサイズ◆
    ↓これがキャプチャした直後の『無加工』状態です。昔のセル画アニメのDVDだと、基本的に こんな感じで画面全体に まんべんなくノイズが入り、ザラザラしているというか、うす汚れている ように見えます(拡大して確認して下さい。png画像です)
     また、画面の上下左右(特に左右)に常に黒い部分があります(昔のテレビだと、フレーム外に はみ出して映らない余白部分)。
    画像の加工方法1

     まずは画像の端の黒い部分を切り落とした後、縦が500pixになるように画像サイズを変更(リサイズ)します。『無加工』状態だと640x480pixで、これを そのまま拡大すると667x500pixになります。が、この画像の場合は、黒い部分を切り落とすと650x500pixになります。


    ◆明るさ・コントラスト調整 & ノイズ除去◆
     ノイズが目立たないようにする為、全てのDVD映像はワザとソフトフォーカスを掛けて画像をボヤけさせています。特にDVD黎明期にDVD化された作品には、凄まじく強烈なソフトフォーカスが掛かっているので、無加工のキャプチャ画像はボヤケまくって非常に見づらいです。

     そこで、切り落とした画像の『コントラスト』を強く(高く)します。コントラストを強くすると、主線や『色の境界線』が目立つ(クッキリと見える)ようになりますが、ノイズの境界線も鮮明になるので、当然ノイズが凄く目立つようになります。

     あと、コントラストを強くすると、明るい部分は より明るく、暗い部分は より暗くなります。その為、元々明るめの画像は非常に まぶしく、元々暗めの画像は真っ暗になって、共に良く見えない状態になってしまいます。

     なので まず『明るさ』を調整し、明るい画像(湯気で真っ白の入浴シーン等)は暗くしてから、暗い画像(電気が点いてない夜中のシーン等)は明るくしてからコントラストを強くします。


     明るさとコントラストを調整したら、『ノイズ除去』を行います。Photoshop等の写真修正ソフトには大抵『ノイズ除去』や『ノイズ軽減』といった機能があるので、これを使います。

     正確な事は分かりませんが、一定の範囲が同じ色で塗られているエリアに『微妙に異なる色の ごく小さなエリア(ノイズ)』が存在すると、そこを周囲の色で塗り潰しているみたいです。他にも、『色の境界線』を中間色で塗り潰し、境界線が目立たないように しているようです。

     『ノイズ除去』を強く掛けるほど、画像全体がベタ塗りっぽくなり、ザラザラした感じのノイズが綺麗に消えます。また、色の境界線が曖昧になるので、ブロックノイズが目立たなくなります。

     ただ、『ノイズ除去』を強く掛け過ぎると、目のアンダーライン、まつ毛、鼻、口、髪、服のシワ、等の『細い線』がノイズと一緒に消されてしまったり、背景の壁の模様などが無くなって不自然に見えたりするので、そういう場合は『ノイズ除去』を弱めにします(多少ノイズが残るのは諦める)。


    ↓切り落とし後、明るさとコントラストを調整したのが上側の画像。その画像を更に『ノイズ除去』したのが下側の画像(実際に記事に使用した物)です。比べてみると、『ノイズ除去』の効果が一目瞭然だと思います(拡大して見比べて下さい)
    画像の加工方法2

     明るさ・コントラスト調整の恩恵が最も分かり易いのが、『湯気で真っ白の入浴シーン』です。実例で見てみましょう。

    ↓これがキャプチャ直後の『無加工』状態です。元の絵が判別し易いように、真っ白という程でもない画像を例に選びましたが、本当に画面全体が完全に真っ白で、全く何も見えないようなクソッタレな入浴シーンでも、調整すると結構 裸がハッキリ見えるように なったりします。
    画像の加工方法3

    ↓上の画像を明るさ・コントラスト調整したのが この上側の画像で、それを更に『ノイズ除去』したのが下側の画像です(拡大して見比べて下さい)
     『ノイズ除去』が強過ぎると着物のシワが消えてしまうので、この画像は弱めに『ノイズ除去』を掛けています(だからノイズが少し残っている)。
    画像の加工方法4

     あまりにも着色が薄過ぎて ほとんど見えない乳首や、強烈な湯気で存在の有無すら確認 困難な乳首も、明るさ・コントラスト調整で鮮明に見えるように なったりします(重要)。

    ≫ 続きを読む

    スポンサーサイト

    | 画像の加工方法について | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |